One Touch Freak

Something in your 24-hours, for Quality of life. 毎日の生活の中から豊かになるきっかけを.

仮:白いかかし 0001 途中

Tシャツとトランクス姿の男は かすかな薄明りの灯る部屋で 木バコの中から 口がしばられたビニール袋を取り出し その中から何かを取り出そうとしている。

『眠れないんですか?』
ひと昔前の表現をすれば いわゆる”ネグリジェ姿”というか 下着姿の女性が 床から起き上がりつつ すこしかすれた声でトランクス姿の男に聞く。
 
『ああ、起こしちゃった? 悪いねえ』

『ううん、イイんです』
男は 木バコから取り出したパイプのミゾがある箇所に ビニール袋から取り出した”何か”を まぶすようにして置き ライターで火をつけ ”何か”を炙るや否や パイプでその煙を吸い込んだ。

『ゴホっ、ゴホっ.....』
男はむせる様に数度、軽い咳を繰り返したが 深く呼吸をすると 次第に 拍はゆっくりと落ち着いていく。
薄明りの灯る部屋は やがて 何かが かるく焦げた様な匂いで充満したが 男にも 女にも まったくもって不快ではない様だった。

『わたしも いただけますか』

『あ、ああ....』
男はすこしばかり空を舞う煙を見つめていたが すぐに”何か”をまぶしたパイプを女に手渡し、ライターで火をつけた。

『....』
女は男よりも手慣れた様子で、まるで自らが操るかの様に 空を舞う煙を見つめている。

『それにしても笑っちゃいますよね これが危険だなんて』

『ふふ、ああ』
暗闇の中 かすかに なんとなく そこにあるのがわかる天井を見ていた男の表情が 鼻で笑って笑顔になった。

『いつまで 騙していられるか....』

『まあ、立場が立場なら死活問題だからねえ』

『私 だまっていられなそうで』

『ふふふ。それなら それでイイんじゃない。もう あらかたバレちゃってる様なもんだしねえ』
そう言いながら、男は水色のワイシャツを羽織る。

『もう行くんですか?』

『ああ、一度家に帰るから』

『はい』
女は慌てて立ち上がり 部屋の外へ出て行った。
瞬く間に着替え終えた男のスーツ姿は どこからどう見ても一角の人物の感があり ともすれば どこかで見たことがあるような気さえする。

『車を待たせてありますので』
階下から戻って来た女は 薄手のバスローブの様なモノを着ている。

『まだ誰も起きてないよねえ?』

『わからないので、こちら側から降りてください』

『ああ、ありがとう』

『あの....』
部屋を出ようとする男に女がたずねた。

『何?』

『やっぱり難しいんでしょうか?』

『ああ、いまのままじゃ難しい』
女は 部屋を出て階下に降りて行く男から だいぶ離れてその後を追った。


スポンサーサイト
  1. 2016/12/12(月) 00:55:07|
  2. 仮:白いかかし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仮:白いかかし 0002 途中 | ホーム | をうまのはなし Z 16/12/11 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onetouchfreak.blog36.fc2.com/tb.php/1338-7eff2e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SAMnor

Author:SAMnor
Touch your life.

【E-mail】 nsatoz@live.jp

【TEL】 090-3042-9193

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

仮:白いかかし (12)
◆Sound for something (23)
◆a way to comunicate (2)
◆comes and goes, goes around and around… (2)
◆you're livin in today (828)
◆a fun (87)
◆before Aug. 2011 (338)
◆rgd FOOTBALL (7)
◆トオルちゃん (23)
◆未分類 (0)
Note Rgd Korea as オトナリ (21)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード