One Touch Freak

Something in your 24-hours, for Quality of life. 毎日の生活の中から豊かになるきっかけを.

要約と感想

ZAITEN.jpg
※ 雑誌「ZAITEN」より

特集は
反社会勢力と金融機関
について

ちょっと前まで盛んに報道されていたトピックですが
主な内容は
暴力団と絶対に縁が切れない銀行の苦悩
取引を断れない暴力団の「生活口座」
銀行に潜み続ける無記名の「B勘定口座」
アメリカ政府が発動する「ヤクザ経済包囲網」
中小企業を狙う「自動車ローン詐欺」
メットライフアリコが切れない「暴力団との保険契約」
みずほ処分で金融庁「派閥抗争」に着火

等々

超ザックリと要約すれば
アメリカが声を大にして反社勢力の排除を迫ってきているものの
日本ではこういった事情があってなかなか難しいんです




アメリカと日本の違いを超ザックリとまとめるのであれば
名前や身分を表に出しているか出していないかの違いなワケでして。。。

「数字」というノルマを課せられる
「資本主義」というシステムの下で
この方針を断行するならば、
おそらく、多くの人の生活を犠牲にすることが目に見えているワケで
また、場合によってはシステムそのものが崩壊する可能性すらあるワケで

おそらく、そう感じている人は少なくないと思いますが。

例えば、某保険代理店の社長は
「数字」というカタチで長年「資本主義」に貢献してきたものの
この風にさらされた結果、権利を剥奪され、遂には職をも失ってしまったんだとか。。。

後から振り返ってみて、彼の侵したた罪と言えば
まだこの種の議論が本格的にされる前に
申込者が反社勢力に所属する人物と知りながら保険契約を締結したこと




権利を剥奪され、遂には職をも失ってしまったんだとか。。。

反社勢力完全排除にだどり着くには

契約者が、契約後に反社勢力に属する人物と結婚等して身内になった場合

契約をした法人に契約後、反社勢力に属する人物が役員等として就任した場合

契約者が、反社勢力に属する人物から金銭等の提供を受け、ただ名義だけを貸していた場合

契約者が契約後に何らかのカタチで反社勢力と接点を持つようになった場合

そ し て

少し前に実際にあった事件ですが
上からの一方的なお達しに従い、命を落とす事になってしまった場合

を通過していく必要があるワケで。

当然ながら、ここで議論するのはこのお達しの是非についてではなく

現実的な側面から、「じゃあ、実際にどうやってチェックして、どうやって実行するの」という点で

その結果次第で、反社勢力に属するワケでもなく、
「数字」という側面から見れば大いに社会に貢献してきた人物を
ただ、タテマエという都合のためのみに切り捨てるのか?
ということでして。

この議論を突きつめていくと結局
システムそのものに問題があるんじゃない?
という結論に至りませんでしょうか???

で、その責任は誰が取るんでしょうか???
という議論に至って
え? その答えが「99%」だったんですか?
って誰かが言いはじめて。。。

いやいやいやいや
スポンサーサイト
  1. 2013/12/04(水) 23:41:51|
  2. ◆you're livin in today
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホントのこと | ホーム | をかねのはなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onetouchfreak.blog36.fc2.com/tb.php/776-e9cb50e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SAMnor

Author:SAMnor
Touch your life.

【E-mail】 nsatoz@live.jp

【TEL】 090-3042-9193

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

仮:白いかかし (12)
◆Sound for something (23)
◆a way to comunicate (2)
◆comes and goes, goes around and around… (2)
◆you're livin in today (828)
◆a fun (87)
◆before Aug. 2011 (338)
◆rgd FOOTBALL (7)
◆トオルちゃん (23)
◆未分類 (0)
Note Rgd Korea as オトナリ (21)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード