One Touch Freak

Something in your 24-hours, for Quality of life. 毎日の生活の中から豊かになるきっかけを.

トオルちゃん 006

明け方、チサトを家まで送り届け、蒲田の駐車場に戻ってきたトオルちゃんには寸分の余力すら残されておらず、彼はそのまま車内で力尽きてしまった。翌朝、彼が目を覚ましたのは昼の12時を過ぎたあたり。車の外は晴天に恵まれ、気持ちの良い陽の光が辺り一面に溢れている。

「やっちまった...」
先生から頼まれていた帳票作成のための時間をまた無駄にしてしまった。今回は量も多く、いつまでとは指示されていなかったものの、かと言って、月末までさほど時間は残されていない。スマホを確認してみると十件以上の着信履歴が残されており、そのほとんどが雀荘からだった。

「うおおお」
とりあえず、コンビニのトイレで顔を洗い、おにぎりとアイスコーヒーを買ってまた車の中に戻ってきた。最近は一日の大半の時間をここで過ごしている。車の後部座席に置いてある大き目のバックの中からまとめ買いしておいた単4電池数本とシャツを取り出し、乾電池式の充電器をセットして尽きかけたスマホのバッテリーを充電し、シャツを着替える。充電中のスマホで確認するメールやSNSには時折り笑みがこぼれたが、その後、確認したFXの残高で彼の表情はまた険しさを取り戻した。生活リズム等という言葉とはまったく無縁の世界で生きている彼にとって、極普通の勤め人が毎朝洗面所で顔を洗い、歯を磨き、テレビを見ながら食パンと目玉焼きを口にするような一日のはじまりは彼の世界には存在しない。目が覚めたその時から一日ははじまり、その時空腹であれば食べる物を調達し、スマートホンを充電する必要があればそうして、その後も目の前のやるべき事を優先順位順に片づけていく。その、やるべき事の内容は日によって大きく異なる。彼はそれを望んではいなかったものの、置かれている状況と周囲の環境が彼をそうさせた。ただ、彼は常にその時の彼のベストを尽くす様心がけており、そのためにどうすればイイかを考え行動しているように見える。

「ホントに今日はごめんなさい。予約してくれてたお客さんには許してもらいました」
しばらくするとルナからメールが届いた。久米川のメールによると昨日は前半渋滞に巻き込まれて往生したものの、彼女は結局、午前4時頃までで5人の客を相手したらしい。

「もしもし」
メールを読んでから電話をかけてみると、ルナはすぐにその電話に出た。

「今日のその大事な用事って、何時にどこであるの?」

「え、夜7時に品川で待ち合わせしてますけど」
即答するあたり、どうやらそれは彼女にとって隠す様なことではないらしい。

「じゃあさ、6時に品川駅で少し時間取れる?」

「え、何でですか?」

「いやあ、オーナーが怒っててさあ、とりあえず誓約書書かせろって言ってるからさあ」
当然ながら、彼は昨晩ルナから電話を受けた後、オーナーとは顔を合わせていないどころか電話もメールもしていない。

「ああ、はい、わかりました」

「じゃあ、6時に品川駅でね」
ルナとの電話を終え、今度はすぐにチサトの携帯に電話してみたが、昼間、派遣OLをしている彼女は、案の定電話に出ない。

「重要業務命令。6時品川駅集合。」
メールに切り替えて連絡をすると

「了解」
スグにRESが返ってきた。やはり早い。

一息ついてから、蒲田駅前のネットカフェに向かいルナに書かせる誓約書をワードで作成する。もちろん今日彼女に会うのはこのためではなく、彼女のその後の行動を尾行するにあたり、尾行開始地点を確実に特定するためにだが、この誓約書を作成しておくことによって、こちらの行動を怪しませないようにすることができる。彼にとってこの手の文書作成は造作もない作業であり、数分でプリントアウトまで終えると、今度は先生の家へ向かった。昨日と同じ格好をした同じ人間が、同じ場所を同じ様に歩いていく様は、やはり多少なりとも目立っているが、彼はそんな事を微塵も意識していない。同じ経路で先生の家へ到着すると、先生はまるで彼が来るのを待ちかまえていたかの様に縁側に腰かけていた。

「お昼はもう食べたのかな?」

「ああ、はい。食べました」

「それじゃ、コーヒーでも飲みに行こう」
数年前、病気で奥さんに先立たれた先生の一人娘は、奥さんの死後結婚して、現在茨城で家族と暮らしている。つまり、先生は現在この一戸建てで一人で暮らしているのである。二人はその家から数分程歩いた場所にあるコーヒーチェーン店に入り席に着いた。トオルちゃんを先に席に座らせた先生は、何の変哲もないカップに入ったホットコーヒーを二人分手にしてテーブルに着き、それを一口すすってから静かな声でゆっくりとしゃべりはじめた。

「今度、例の件でもう一度あのブローカーと話をしてくる」
既に還暦を迎えてから数年以上経つ年老いた男性が、急に力強い表情にかわった。

「え、ホントですか?」

「ああ」

「でも、また、のらりくらりかわされて結局あいまいなままにされてしまうんじゃ。。。」

「いや、今度は都議会議員と一緒に行ってくるから、多少は違うと思う」

「はあ、マジっすか?」

「しーっ、声が大きい。できるだけ小さな声でしゃべってくれ」
先生の目は周囲を気にしている様子ではなかったが、明らかに研ぎ澄まされた感覚でその場に居合わせた全員を気にしている。

「都議会議員の戸越先生だ。とりあえず名前だけでイイから覚えておいてくれ」

「わかりました」

「で、その後なんだけど、大事な話があるから時間を取ってもらいたいんだ」

「いつですか?」

「いや、状況によるので、またこちらから連絡するから」

「わかりました」

「ありがとう。ホントにありがとう」
彼があらためて話をしに行ってくるというブローカー。この男こそが、彼が長い年月をかけて築きあげてきたモノを根こそぎ奪っていた張本人である。

事の経緯を要約すれば以下の通り

先生に長年財産管理その他一切を任していた資産家がいた。ある日、資産家はとあるブローカーからある金融商品への投資話を持ちかけられたが、その資産家は信頼する先生がよしと言わなければ投資はできないと突っぱね続けた。それでも諦めないブローカーは足しげく先生のところへ通い、説明を重ね、遂には一部条件付きで資産家からの出資を引き出す事に成功した。海外積み立て投資をうたうその商品は硬直した状況下の日本では目を見張る程の利率を提示しており、かつリスクは極限にまで抑えられ、万が一の時にも投資家が被る被害は最小限に止まるよう仕組まれているとのことだった。税負担の観点からもその資産家にとっては大いにメリットがあり、結局、あとはそのブローカーが作成した推薦書なる書類に先生がサインと押印をするだけという状況を作られてしまい、やむなく先生はそのブローカーの指示に従ってしまった。この直後から状況は一転。その商品の運用成績は悪化の一途をたどり多額の損失が発生、先生の税務申告にも大きな誤りがあったとして追求をうけるはめに陥り、挙句の果てには推薦書にしたサインと押印を巧妙に転用した偽装書類の作成までされており、結局先生は多額の損失をそのまま背負わされてしまう。追い討ちをかける様にして長年事務所を支えてきたスタッフや彼を守ってくれていた味方も一人また一人彼の前から去っていき、最終的に先生は事務所閉鎖、廃業に追い込まれてしまった。現在、彼が自宅でしている作業は、それでも彼を信じて彼とつき合ってくれる極少数の小規模事業者による、税理士資格がなくてもできる様な経理、会計業務等である。

「でも、どうして誰もこれがおかしな話だって取り上げてくれないんですかねえ?」

「ははは。結局、誰にとっても一番に大切なのは自分自身の生活を守る事だからじゃないかなあ」
先生は、すこし笑いながら小さな声でそう語った。

「いやあ、そういう問題じゃないですよ、絶対に」

「そう言ってもねえ...」
先生はどうやら伝えたいことを全て伝え終えた様で、自分の子供以下、孫以上の年のトオルちゃんに話しかける言葉を選びあぐねていた。

「あ、すいません。オレこの後、ちょっと用事がありまして」
気がつけばもうスグ4時半になろうとしていた。

「ああ、わかった。それじゃあ、またあらためて連絡するからね」
コーヒー店を出る頃には、ついさっきまで辺り一面に溢れていた陽の光はすっかり影を潜めていた。一礼して別れた後、しばらくして振り返った時に見えた先生のうしろ姿は、夕暮れも相まって寂しさというか、はかなさすら感じさせる表現しようのない色に染まっていた。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/02(金) 09:04:12|
  2. ◆トオルちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<をうまのはなし 15/01/03 | ホーム | トオルちゃん 005>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onetouchfreak.blog36.fc2.com/tb.php/805-5e438759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SAMnor

Author:SAMnor
Touch your life.

【E-mail】 nsatoz@live.jp

【TEL】 090-3042-9193

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

仮:白いかかし (12)
◆Sound for something (23)
◆a way to comunicate (2)
◆comes and goes, goes around and around… (2)
◆you're livin in today (828)
◆a fun (87)
◆before Aug. 2011 (338)
◆rgd FOOTBALL (7)
◆トオルちゃん (23)
◆未分類 (0)
Note Rgd Korea as オトナリ (21)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード