One Touch Freak

Something in your 24-hours, for Quality of life. 毎日の生活の中から豊かになるきっかけを.

トオルちゃん 009

二人はどうにも腑に落ちないままだったものの、ネット経由でまた一人、寂しい、もしくは暇な夜の相手をご所望してくれる男性がいたので、すぐさま環八に経由で下丸子方面へ向かった。

「ここらヘン来るとさぁ、いつもキャノンの本社で働いてる友達の事思い出すんだけど、やっぱ有名一流大企業はちがうよね~」
彼女の、というよりも女性の”一流”、”有名”、”大”好きはいつも徹底している。

「あ、そう。まあ、どっちにしろ俺にはあんまり関係無いね。それよりもうスグ着くから用意しとけよ」
目的地に到着し、客先でもらうモノをもらってしえば、また少しの間、現在の自分を取り巻くすべてのものから解放され眠りにつくこができるはずなのだが...

「はっ、はっ、はっくしょい!!! バカヤロー」
トオルちゃんは突然おそわれたくしゃみの原因が”寒さ”だけではないことを既にほぼ100%認識していた。

「こえよーマジで。何なんだよ、、、」
いまさっきの出来事を振り返ってみれみるほど、思い出してみればみるほど、、、
こ わ い

何故チサトと一緒にいた事を知ってるんだろう?
何故品川近辺にいるとしか言ってないのに、天王洲アイルにいたことを知ってるんだろう?

こ  わ  す  ぎ  る

世間で言う極一般的な怖さに、得体の知れない怖さまでミックスされ、怖さがおよそ一般人の思考力では理解できないレベルにまで達した時に、トオルちゃんはリング外から自分自身にタオルを投げ込むようにして電話をかけた。

「うっすー、お疲れで~す」
高校時代のサッカー部の後輩・池上ワタルだ。

「お疲れ。あのさぁ、ワタルいつも仕事終わるのって何時頃だったけ?」

「1時ですよ。どうしたんですか?」

「そうだったけ?で、今日はその後何か予定はいってんの?」

「いや~、また麻雀でもやりに行こうかなと思ってましたけど。久米川さん、マジでアツいんで、ぷぷぷ...」

「あ、それじゃ、そのまま麻雀しててよ。ちょっと遅くなると思うけど、久しぶりにメシ行っとこうぜ~、おごるからさぁ」

「マジっすか?あざすー、陽が昇るまで待ってま~す」
一応勤務中とはいえ、ワタルは終始ハイテンションのまま通話を終えた。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/11(日) 12:46:26|
  2. ◆トオルちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ケ バ ブ | ホーム | 血液 つながり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onetouchfreak.blog36.fc2.com/tb.php/814-38ed346e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SAMnor

Author:SAMnor
Touch your life.

【E-mail】 nsatoz@live.jp

【TEL】 090-3042-9193

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

仮:白いかかし (12)
◆Sound for something (23)
◆a way to comunicate (2)
◆comes and goes, goes around and around… (2)
◆you're livin in today (828)
◆a fun (87)
◆before Aug. 2011 (338)
◆rgd FOOTBALL (7)
◆トオルちゃん (23)
◆未分類 (0)
Note Rgd Korea as オトナリ (21)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード